« 平成31年度 関西支部総会・懇親会開催 | トップページ | 沖縄会開催 »

2019年5月18日 (土)

47年間の出会い

高校を卒業して冷却水設備、空気設備、純水装置、ボイラーを15年間運転。その後、重油を分解してガソリン基材やLPGなどを生産する装置の運転を65才まで堺製油所で担当しました。

47年の間には、もたついた仕事、失敗した仕事。それを、先輩、同僚、後輩の方々に支えていただけた。「腐ったら終わりだよ」「勉強しろよ」「仕事は検証しろ」などその時々に声をかけていただいた。大きなバルブの重たいハンドルを交代で回して一緒に汗を流したこともありました。

そのおかげで、継続して学ぶことの大切さも教えていただいた。それほどは頑張れなかったが免状や講習会の終了証は数多く残りました。「それらの免状を写真にして投稿を」と先輩の助言を受けて写真を撮っていたら、自分が退職する時に「100人中2番目には幸せなサラリーマン生活でした」「装置の運転は天職でした」と挨拶したことを思い出しました。 

関西支部 黒田 真則

 

20190426

|

« 平成31年度 関西支部総会・懇親会開催 | トップページ | 沖縄会開催 »

関西支部」カテゴリの記事